AEDで助かるいのち|AEDのレンタルや購入は日本ライフライン株式会社



HOME > AEDとは > AEDで助かるいのち

AEDで助かるいのち

除細動までの時間と救命率

心臓がけいれんした状態(心室細動など)では、脳を含む全身に血液が正常に循環しないため、失神を起こし、死に至ります。心臓がけいれんした状態になると1分毎におよそ7-10%ずつ救命率が低下しますので、一刻も早くAEDを使用して心臓の状態を正常に戻す必要があります。

日本では、119番通報から救急車の到着までにかかる時間は平均で約8分です。グラフでみると8分経過した時点での救命率はわずか20%です。

AEDは使ったことがないから…とためらうことで、救えたかもしれない命を救えなくなります。 かけがえのない“いのち”を守るため、勇気を出してAEDを使ってください。

 

※目の前で倒れた人がいた際にAEDが実際に使われたのは、全体の「3.7%」です(総務省「平成25年版救急・救助の現況」)。

  • AEDとは
  • 誰でも使える
  • 小児への使用

AEDとはトップへ戻る



お気軽にお問合せ下さい

HOMEへ戻る