テストの種類|AEDのレンタルや購入は日本ライフライン株式会社



HOME > メンテナンス > テストの種類

テストの種類

2種類のテスト方式

カーディアックレスキューは、毎日1回自動で行われる「自動セルフテスト」と手動でいつでも行える「手動セルフテスト」の2種類のテスト方式を搭載しています。

自動セルフテスト

カーディアックレスキューは、パッドカートリッジを初めて装着したときにセルフテストを行います。装着後は、毎日1回自動で行いますので特別な操作は必要ありません。

手動セルフテスト

手動セルフテストではテスト結果をランプと音声でお知らせします。
手動セルフテストを行う際は、次の手順に沿ってください。

 

バッテリ切れ

電気ショックボタンと小児モードボタンを同時に長押しします。

「セルフテストを行っています」という音声が流れます。このときに、パッド貼付ランプ(緑)、 ECG解析ランプ(赤)、CPRランプ(黄)が順番に点滅します。

  • セルフテスト時 ランプの点滅順番
  • →
  • セルフテスト時 ランプの点滅順番
  • →
  • セルフテスト時 ランプの点滅順番

テスト後、異常がなければ、「AEDは正常です」という音声が流れ、電源は自動的にオフになります。異常がある場合、ランプと音声で異常の内容をお知らせします。

手動セルフテストはこのような場合にご活用いただけます。

 

  • 落下などで衝撃が加わった場合や、水に濡れた際に異常がないかをすぐに確認したい場合
  • 異常内容を音声で確認したい場合
  • テストの履歴を残したい場合(データマネジメントソフトにてテストを行った時間を確認できます)
  • 日常点検
  • 交換時期
  • 消耗品の交換方法

メンテナンストップへ戻る



お気軽にお問合せ下さい

HOMEへ戻る